眠れない夜は…

好きなことを好きに綴る場所。

伝えてくれるということ。

おひさしぶりです、きょうです。

自然災害、怖いですね。

あの地震から、一週間が経ちました。

先週の今頃は、真っ暗闇の中、何もすることが出来ず、もう眠りについていたころと思います。

北海道に住んで、数十年。

産まれてからずっと同じ地域にいるわけですが、このような地震の被害に遭うとは想像もしていませんでした。

ここ数年の間に各地で起きていた自然の災害に、危機感を覚えながらも、どこかで「北海道は大丈夫でしょう」っていう気持ちがあった。

でも、そんなことはなかったんだなぁ…と。

幸い、大きな地震の被害は2日間の停電だけ。

でも、電気が使える事がいかにありがたいことかを、改めて感じました。

日常の生活を送れることがいかに幸せであるか。

むしろ、電気がなければ、日常の生活が送れない。

電気もガスも水道も。ライフラインの大切さ。

北海道は、海に囲まれている大きな島なので、こういった災害に直面すると物流が止まってしまう。

それも怖いことかな、とも思う。

ただ。真冬じゃなくて良かった。

でも、まだ、台風被害で停電に見舞われている方も多くいるわけで。

こういう災害の状況って、時間と共に報道されなくなっていくから

ちょっとだけ、もやもやしちゃうけど。

頑張っていきましょうね、本当に。

 

そんなこんなで。

地震発生からの一週間。

仕事では、その余波がじわじわと迫ってきていた一週間でもありました。

小さな余震もあって、疲れも溜まっていて。

eightくんたちの東京公演のことすら頭から消えてしまうくらい。

申し訳ないくらいに、すっぽりと。

4日間あった内の3日間は、スマホバッテリーの消耗と充電を気にしながらの情報収集だったし、正直ライブの内容よりTVが観れない今は、今どうなっているのか…が大事だったからね。

後から、色々と探った結果、素敵なライブになったと知ることができました。

公演数を重ねていくにつれて、安くんの体調が良くなっていくにつれて、eightくんたちにも余裕が出来て、笑顔も増えているんでしょうね。

札幌では、見せられなかったその「余裕」と「余白」が素敵な時間を作っているのでしょうね。

札幌しか見る事が出来ない私としては、早く映像化されることだけを願っています。

 

新曲も発売されて、TV番組でも披露出来て。

「今」のeightを見れることの嬉しさと同時に

まだまだ、足りないピースを探してしまって寂しくなってしまう。

でも、もう戻りはしないピースを追いかける事はしないでおこうとも思う。

諦めの悪いヲタクなので、楽しそうにしているそこに、

どうして、すばるくんがいないんだろうとも思ってしまう。

三馬鹿が楽しそうに笑っている姿をもう一度見たいと。

そんな気持ちの無限ループ。

 

今回のツアーレポでよく目にするのが、横ひなの絡み。

横ひなが大好きな私にとってもはすごく嬉しいことだけど…

純粋に喜べなくて、そこに意味を見つけようとしてしまう。

横ひなが絡むと沸く。

他のメンバー同士でも沸くことは沸くんだろうけど

「夫婦」とはやし立てられる二人の絡みが少なくなったり、多くなったりで

ファンを思う横山さんの気持ちが見えてくることもあるんだ。

まぁ、単純にそうやってメンバー同士でキャッキャしながら、笑いあってる姿が好きなんだから、一番いいことなんだけどね

村上さんのメンタルもちょっと心配だけど…。

 

そして。

色々な事がちょっとだけ落ち着いた頃に、ジャニヲタ的には衝撃的なニュースが飛び込みましたね。

 

タッキー&翼 解散

タッキー引退 翼 退所

真夜中に飛び込んできたこのフレーズに、本当に驚いた。

 

私がジャニにハマったときは、Jr.黄金期と言われる時代の少し前。

タッキーがTVに出始める前のこと。

原くんや国分くん、小原くんに、喜多見くん…その辺りが前列にいた頃。

 

ジャニーさんが滝つばを推していたのは解り切った事実だったし、

Jr.として出てきたときの可愛さったら、後にも先にもタッキーだけみたいな。

 

この発表があるちょっと前に、ジャニーさんの後継者にタッキーを指名したみたいなニュースもあったよね。

タッキーの統率力?ってのは前々から解っていたことだけど、正直、引退までするとは思っても居なかった。

タキツバの仲の良さというか、関係性というか、

追いかけていなかった私が、想い馳せる事ではないし、すべてが憶測になってしまうから、それらを今回の引退・退所に結び付けようとは考えないけど

そうでもしないと気持ちを保てないって人も多くいるんだろうな。

 

東の滝沢・西のすばる と言われた

この2人が平成最後の年にジャニーズ事務所のタレントではなくなるなんて

誰が想像しただろうね。

 

ただ、自然災害が重なったとは言え、

解散をしたことを事後報告されること

メディア関係者へは2人そろって説明がされたようだけど

一番大事なファンへは、2人そろった姿を見せてくれない。

引退・退所っていう大事なことを、文書だけで通知する惨さ。

事件を起こしたわけでもなんでもないのに…

ただ、病気療養をしていただけなのに…。

もうほぼ、全快に近いって本人が言うのに、会見すら開けないなんて。

それもこれも災害のための自粛なんだろうか。

 

今までのジャニーズ事務所はそうであったのかもしれないけど…

でも、すばるくんの一件で少しは変わったのではないかと思っていた。

 

本人の口から説明する場を設けてもらえること。

活動の最後を見届けさせてもらえたことが、どんなに幸せなことだったか

思い知らされた。

 

こういう事がきっと今後も起きていくんだろうな…。と思うと

 

絶対なんて、永遠なんて、ないんだね。