眠れない夜は…

好きなことを好きに綴る場所。

どうなんだろうね

あっという間にもう7月も終わり。

数日後には、8月を迎えるなんて、信じられない…

今年は本当にあっという間に時間が過ぎていくように思う。

きっと、勿体ない時間の使い方をしているんだろうなぁ…わたし。

 

先週末から、北海道もやっと夏の気温になってきたような。

と言っても、30℃を超える気温には、正直体がついていかない。

まだまだ、家庭での冷房設備は整っていないし、北海道は冬に備えて断熱材が多く使われているからなのか、蓄熱がきつい。

いくら、陽が落ちて涼しくなってきたとしても、外壁が蓄えた熱が抜けなくて、とっても暑い。

あぁ、冷房がほしいよぅ(´;ω;`)

 

ってことで。

 

GR8EST名古屋公演から一週間?

あんまり細かなレポは探っていないのだけど、安田さんが涙を流したという話や、そのMC後の歌い出しを大倉さんが涙で歌えなかったとか…

そんな話を目にするし、週刊誌やWEBニュースでも話題にされる安田さんの体調。

 

本人の希望で、ステージに立っているとしても、やっぱり心配なのは当たり前で、できることならお休みしてほしいって思うのは私だけではないはず。

すばるくんがいない6人での再スタートにもなる今ツアー。

そこに立たないことは、彼には考えられないことだったのかもしれないし、

ファンの「今」のこの不安を少しでも取り除こうとしてくれる、その気持ちは嬉しい。けど…私は、今後もう

大好きな「関ジャニ∞」から誰1人として欠けてほしくない。

今のこのまま、かっこいいおっさん達になってほしい。

だからこそ、「今」を無理をするのではなく、先を長く見てほしいって思った。

 

まぁ、でも。

こういう、自身の「負の部分」を今まで極力見せてこなかった人だから、多少無理してでも…って思う気持ちも解るんだよね…。

それが「安田」なんだよなぁって。

最初の病気が分かったときから、メンバーたちはずっと「不安」と闘ってきたんだろうな

きっと、このすばるくんの退所の時期と重ならなかったら、彼は病気を公表しなかったんだろうし。

 

いくら良性だったとしても、後遺症はある。

去年のツアーから眼鏡をしていたのも、発作を防ぐためなんだろうな…。

きっと、彼の本意ではないんだろうな、こういう「心配のされ方」は。

 

そんなぎりぎりの状況で、去年の術後から舞台やツアーを普通通りにこなしてきたんだなぁって思うと

やっぱり安田章大ってすごい強い人なんだなぁって改めて思った。

 

正直、私の中では「安田章大」に関しては、他のメンバーに比べて関心が低いのが本音。

 (というか、色んなことに今は本当にうとい)

だから、知ったかぶりはしたくないのだけど、今回のことがあって色々と目につくことがあってね。

改めて知ることもあったんだよね。

 

すばるくんが関ジャニ∞として活動をする最後の数日間

音楽番組や生放送での番組出演があって、そこの安くんが立ってくれたけど

きっと、そこに間に合わせるのも大変だったんだろうな…

今、改めてじっくりと自分が好きなメンバーの動き以外も含めて、その番組たちを見返しているけど

カメラに抜かれていないところで、心配そうに安くんを支える村上さんが

自分たちのパートになる瞬間に、お仕事の村上さんの顔になったり。

さらっと支えになってる大倉さんとか。

 

ずっと、横山さんとすばるくんの姿しか追っていなかった私には、改めてみて気づくことが多くある。

今もまだ泣けてきて見えないところもあるんだけどね。

 

すばるくんが抜けることの不安だってもちろんあっただろうけど

でもきっと、メンバーは安くんの体の不安の方が大きいんじゃないかなって。

不安の度合いを比べるのはおかしいのは解ってるけど

でも、なんか色々受け取ると、そんな感じがするのよね。

すばるくんがいないことは寂しいことなんだろうし、やっぱりそれを追うことも、重ねることもあるだろうけど、

6人で再スタートすると決めて進んだ以上、気持ちは切り替えていたんだろうし。

まぁ、私が思うほど簡単なことではないんだろうけど。

 

安くんが、ツアー初日から名古屋の3日間を乗り越えるまでがキーポイントだった。っていうように、

みんな、6人とも。

無理に無理を重ねないと立てない時期だったんだと思う。

彼をフォローするメンバーたちも、きっと大変だったんだろうな。

フォローすることが「大変」というのではなくて、気持ちを保つことはきっとすごいエネルギーを使うだろうし

いろんな心配なことがあっても、やっぱりわたしたちファンを楽しませなければいけないって気持ちもあるだろうし。

そんな中でも、すばるくんがいなくなったその場所を、

その空いた場所に寂しさを抱くファンにも気持ちを寄せてくれて。

なんか、すごい人達だなぁ…関ジャニ∞って。

 

この数か月で本当に色んな事がありすぎて、こんなに泣くことあるかな?ってくらい涙を流してるけど

でも、想うのは

関ジャニ∞を好きになって良かったな。って

 

安くんがこんな状況なのに、退所を決めたなんて…とかいう言葉も目にするけど

そんなことはきっと関係ないことなんだと思う。

たまたま、すばるくんの退所発表のときに、

たまたま、偶然、安くんが大けがをしてしまった。

きっと、安くんは「なにやってんねん」って自分に思った瞬間があったんじゃないかな

それくらい、やすばの2人にしか通じない気持ちもあるだろうし

メンバーにしか話していないこともたくさんあって、きっとそれは私たちには伝わってくることのないことなんだろう。

安くんのこの状況で自分の望む未来へ進むことを躊躇ったとしたら、それはそれで、安くんもつらいだろうしね。

全ては、想像でしかないんだろうけど…。

 

でもいつか…時間がかかっても。

内くんのことを話してくれたように

横山さんがお母さまのことを話してくれたように

すばるくんが退所するって言ったときのことを、伝えてくれたらいいなって。

そして、今もこうして仲良くしているんだよ、ってことを伝えてくれたらいいな。

 

メンバーでもあったけど、きっとそれ以上の何かが

彼らにはあったんだろうと思いたいから。

 

「このメンバーとだったらなんでもできる気がする」って言葉が

この先もずっとずっと続きますように。