眠れない夜は…

好きなことを好きに綴る場所。

GR8EST初日を迎えるまで。

参加して、色んな感情が沸き上がって、ぐちゃぐちゃで

なにひとつ消化されていないし、整理もされていないけど

ちょっとずつ、想いを整理できればなぁと思っています

 

ここ数年は、札幌ドームだけって決めて参加していて

札幌は一公演しか無いし、初日の割合が高いから、いつも少し不安定。

だけど、それも初日の醍醐味で楽しんでいたけど、今回は違った。

 

どんなライブになるんだろう

6人の歌声はどう届くんだろう

6人っていう現実を目の当たりにした時、私はどう感じるんだろう

 

ツアーにすばるくんがいないのは、ずっと前から解っていたことなのに

ひとつひとつ「最後の」を迎えていくたびに、不安も同じように増していった。

 

私は、関ジャニ∞というグループが大好きで、ただ大好きって気持ちだけで12年応援してきた。

ブログやSNSでよく目にするような、深い思い入れはないし、メンバーに対する思い入れも少ない方かもしれない。

 

思い入れがないと思っていても、eightに関することは多少の変化はあれど、12年続けたライフワークでもある

10年以上も経てば、多少の惰性もあったかもしれない。

「当たり前」になりすぎていて、それに気づいてないだけなんだとも思う。

それくらい、当たり前のカタチの関ジャニ∞の大きな変化に、私の心は付いていけるのか

ライブ当日を迎えるまで、楽しみが2割、不安8割。

とにかく不安でしかなかった。

 

ライブ初日まで1週間ってときに、関ジャムでの生放送があって

それが、7人の最後の演奏となったとき。

あんなに前向きだと公言していた錦戸さんの涙を見て、寂しいという言葉を聞いて

あぁ、メンバーだってやっぱり寂しいんだよねって。

今にも泣きそうな顔しかしてない横山さんも、不自然なくらいの笑顔でいる大倉さんも。

決して、メンバーと目を合わせずに、瞬きもせずに大きな目を見開いている、すばるくんも。

なんだ、寂しいんじゃないか。って少し安心した。

けど、涙も止まらなかった。

 

私は、聞き分けの悪い大人なので、未だに辞める理由を呑み込めないでいるけど。

でも、私たちeighterが寂しいって思うように、メンバーもそう思っていたんだって感じることができて、ちょっとだけ安心した日でもあった。

今まで、会見以降にあちこちで「前向きだ」という発言を目にして、ものすごく寂しくなっていたから。

メンバーだって寂しい思いがあるのは解っている

次に進まなければいけないって思っていることも

伝えてくれる言葉だけが真実ではないことも。

けど、少しくらい「寂しいな」って気持ちを見せてくれてもいいのにって、そんなわがままな気持ちもあったから

LIFEを歌いながら涙を流す錦戸さんをみて、一緒に大泣きできたんだ。

 

あとは、わたしのこの目で、7人から6人になった

大好きな関ジャニ∞を見届けるだけ。

 

そこの、私のメンタルがついていけるかどうか。

泣くのは解ってる。その涙に意味をもたせるつもりはないけど、でもきっと自分でコントロールなんてできないだろう感情で、支配されるんだろうなって思いながら。